スマートフォン解析

大手占いサイトでは料金がかさむことがないように、料金は事前購入のポイント制が主流です。

MENU
電話占いの料金システム~3つの料金形態の特徴と仕組みを解説!

電話占いの料金システム

電話占いを利用するにあたって気になるのが料金システムです。
電話占いのサイトによっていくつかの料金形態があります。
その仕組みを理解して計画的に鑑定を受けましょう。

 

電話占いの料金システムは主に次の3つの形態があります。

歩合制(1分ごとに課金)
時間定額制(30分や60分など1枠ごとに課金)
相談件数制(1つの悩み相談につき課金)

 

占いサイトによっては複数のプランを選べる場合があります。

 

 

歩合制(1分ごとに課金)が主流

現在、電話占いで最も多く導入されている料金システムは1分ごとに課金される歩合制です。
サイトや占い師によって1分あたりの料金は異なり、相談に要した時間によって課金されます。

 

例えば1分200円で30分の相談をした場合は、6,000円の料金が発生し、占い師の占術や追加質問の多さで鑑定時間は1時間を超える事もあれば、10分以内で終わる事もあります。

 

全体の平均では1回の鑑定の所要時間は20分~40分ほどです。

 

 

料金は事前購入のポイント制が基本

1分ごとに課金されると、ついつい時間を忘れて鑑定を受けて高額な料金をあとから請求される事を懸念する方がいます。

 

コイン

大手占いサイトは支払いを巡るトラブルを防止して安心して利用していただくために、料金は事前に購入するポイント制が主流です。
所有ポイントが少ないと、鑑定の途中でも電話は打ち切られてしまいます。

 

大手占いサイトは利用者のポイント状況を占い師が把握しているので、保有ポイントや希望時間に応じて話をまとめてくれたり、最初に予算に応じてどのくらいまでの鑑定ができるか提示してくれます。

 

時間定額制は店舗型が主流

店舗型の占い館などは、連日予約で段取りをしているので鑑定1件につき枠を決めて定額制を採用する事が多いです。

 

それに対して電話占いの場合は、全国各地から依頼者が待機状況を見て依頼してくれるので、1分ごとで区切った歩合制の方が回転率が高く要点を絞った鑑定を受けられるメリットがあります。

 

相談件数制はメール鑑定に多い

最近では電話占いの一部人気サイトでメール鑑定を行っています。
メール鑑定はメール1通につき定額の料金設定があり、原則1通のメールで1つの悩み相談を鑑定しています。

 

料金が明瞭でリーズナブル、鑑定結果が文章で残るメリットがありますが、追加質問できないデメリットもあります。

 

おおよその鑑定結果や相談の方向性をメールで先に行ってから、その後短時間の電話鑑定を受ける方法も人気です。